女性のオナニー

隣に住む夫婦は旦那さんがあまり奥さんに接しないのか、奥さんはいつも寂しい日々を送っていると思いました。その理由は、旦那さんはいつも朝早く出勤して、夜遅くに帰ってくる。そしてもう一つの最大の理由が奥さんは女性のオナニーをしている事です。アパートに住むけれど古いアパートのせいか声が壁に耳を澄ませば隣の人の声も聞こえてしまう事があります。その時、一瞬聞こえた女性の喘ぎ声。隣の奥さんだと思い耳を澄ませるとやはり喘ぎ声。旦那さんは会社だから1人でやっているんだと思いました。女性のオナニーには前から気になっていたけれど、こんな近くで声だけでも聞こえるとは思いもしませんでした。俺はその声を聞きながら俺もオナニーをして楽しんでいます。
テレフォンセックスをする為のオナ友募集がセフレ募集にもなる
それからしばらくして、最近奥さんの声が聞こえなくなりました。旦那さんも見かける回数が減りました。そして、隣から大きな物音が聞こえなんだと思い隣の家に思わずインターホンを押しました。すると疲れ切った奥さんが現れました。部屋はチラッと見えたけれど荒れている感じでした。「大丈夫ですか。」「ごめんなさい。うるさかったですよね。」すると、その場で座り込んでしまう奥さん。俺はとっさに体を支え部屋に上がりソファに座らせました。その時、奥さんは色々教えてくれました。旦那さんが浮気をしていた事。別れて欲しいと言われ気が動転して部屋を滅茶苦茶にしたこと。俺はそんな奥さんにそっと抱きしめ背中を撫でました。それに安心したのか奥さんも俺の背中を握りしめました。そんな奥さんが辛い時なのに俺はオナニーしている奥さんを思い出していました。

ライブオナニー
ツーショットチャット

相互オナニー

それは爽やかな相互オナニーだった。実際に挿入したのは数回だが、この目の前でおっぴろげられているまんこを想像しながら何百回オナニーしただろう。それ故に初めて貫通した時の興奮と感動は今でも僕の租チンに記憶とともに刻み込まれている。
彼女は僕のあこがれだった。古い言葉で言えばマドンナだ。高嶺の花の彼女を射止めたのは運だった。当時、彼女が付き合っていた男に捨てられてボロボロだったところにずっと寄り添っていた僕がそっと忍び込んだのだ。彼女は自棄になっていたのだろう。いとも簡単に僕を受け入れてくれた。
毎晩のようにおかずにしていた彼女のまんこを僕は初めて味わったのである。美女と野獣のビーストの夢がついに叶った瞬間だった。想像より塩味が強く、ちょっとうんこ臭かったが、それもまた想像では味わえないリアルだった。
相互オナニーを重ねた女子をオフパコに誘い出してセフレにする方法
ただし、あくまでも夢は夢だ。それは彼女の気まぐれだった。夢はいつか覚めるものである。捨てられた傷が癒えた彼女は、僕と結ばれたことなど意にも介さないように合コンと逆ナンを繰り返して、やがて新しいセックスパートナーを見つけた。新しいカレシについて目を輝かせて語る彼女を前にすると、僕のことなど眼中にないことは明らかだった。
新しい出会いを見つけた彼女をいつまでも引きずるわけにはいかない。僕は自分の気持ちを区切るために、彼女に相互オナニーをお願いしたのだ。最後に彼女の臭いまんこを網膜に焼き付けておきたかったのである。そして、それはまた、僕がオナニー一筋の生活に戻ることを意味していた。彼女とはパートナーにはなれない。それならば、せめておかずにするための記憶が欲しかった。
僕の申し出に彼女は戸惑った様子を見せたが、結果的には了承してくれた。それは僕に対して気がないのに抱かせてやったと言う負い目もあったのだろう。こうして、僕は彼女と最初で最後の相互オナニーをしている。これが終わると、彼女は新しいカレシのもとに旅立ち僕の元にはもう戻ってこない。別れの相互オナニーだ。
このヤリマン腐れビッチとはこれまでだ。
裏垢女子
裏垢女子

出会い系でセフレ募集

出会い系でセフレ募集していた時のことだ。僕は当時、自称映画監督だった。映像関係の仕事に携わりつつ、いつかメジャーデビューしたいと自主映画を撮り続けていた。まあ、結論から言えば、今は日雇いの仕事で何とか食いつないでいる立場なので、結局のところ才能がなかったのだろう。残念なことは、自分に才能がないことに気づくまでに40年以上の歳月を使ってしまったことだ。
話を戻して、僕の人生にセフレは必須だった。加えて言えば、麗しき女体を被写体としてぜひカメラに収めたいと言う映画監督の血が常に騒いでいたのである。僕はどこかAVを見下していた節がある。逆に女性のきれいな体をあんなに醜く映し出すAV監督たちの技量に嫌悪さえしていた。僕ならばもっと美しく女性のまんこを撮れる・・・いや、撮りたいと思って、出会い系でセフレ募集したのだ。とにかく、撮らせてくれる女性を欲したのである。
そんな時にある女性が僕の申し出を受け入れてくれた。条件は流出させないこと、あくまでもプライベートビデオとして、まだ若々しい自分の体を映像に残しておきたいとのことだった。それは願ってもないことだ。僕もAVのように女体を商売にする気はない。これは芸術家としての本能だ。
筆おろし
こうして、僕はカメラを据えて彼女とセックスをした。女体美を撮影するには男との絡みは必須である。アクメにこそ女性の美しさはあるのだから。
出来は良かったと思う。そんじょそこらのAVよりも美しく艶めかしい映像がそこにあった。そこで僕はその仕上がりに対して欲が出たのである。この映像を評価されたいと言う欲だ。
魔が差した僕は、彼女との約束を破って映像を動画サイトに売った。サイトからは幾ばくかの金をもらったが、それがいけなかった。流出に気づいた彼女に訴えられたのである。その結果、僕は多額の慰謝料を取られて生活が破綻した。女性を撮って金を取られたのである。こうして、仕事もクビになって僕の映画監督の夢は潰えたのである。
ただし、彼女との映像は我ながら傑作だと今でも思っている。人生と引き換えにするほどの価値があったかは追々わかってくることだろう。
とりあえず、明日は汁男優のアルバイトに行ってきます。
セフレ掲示板
セフレ掲示板