マンコ図鑑

 19歳、童貞の大学生です。
激しい欲求不満から、一日数回のオナニーをしてしまいます。
同じく、童貞で欲求不満の高校時代の友人から、ネットのマンコ図鑑シリーズという動画を紹介してもらえました。
とにかく、エロ過ぎるからこれを見てみろと、URLが送られてきたのでした。
それをクリックしてみたところ、メチャクチャ興奮できる動画が映し出されたのでした。
友人は、このマンコ図鑑で何度も射精を楽しんでいると言っていました。
自分もしっかりと、その動画を見てみたのですが、確かに素晴らしい。
確かにエロチカル。
童貞のハートを鷲掴みにするほどの、スケベさが漂っていたのでした。

 マンコ図鑑を見るようになって、オナニーライフは確実に向上しました。
その一方で、女の子とのエッチに対して、強烈な欲望も同時に芽生えてしまったのでした。
多少奥手だった自分、それまでは懸命に求めることがなかったのですが、エロい動画みたいなスケベなことを思いっきり楽しみたい気持ちを強く持つようになってしまい、なんとしてでも初体験をしなければと考え続けるようになっていたのでした。
相互オナニーをする関係となればオフパコしてセフレ化も可能

 セフレを作るなら、いろいろなアプローチ方法があるようなのですが、とりあえずメールから始められる出会い系に登録してみました。
人気出会い系でしたから、ユーザーがとても多く、ワクワクドキドキを味わえました。
アダルト掲示板よりも、ピュア掲示板の方が良いと言うことも聞いていたため、ピュアに投稿している女の子にメールを送りまくってみました。

 ひとつ年上の女子大生とやりとりができた時は、心底喜びを感じました。
考えるに、キャンパスでも仲良くしている女の子がいないわけですからね。
メール交換だけでも、やたらテンション上げられたんです。
毎日のようにメールのやりとり。
すると相手から、カカオで通話しようなんて提案してくれちゃって、ますますテンション上がりました。

 多少エッチな話にも付き合ってくれる女の子でしたから、童貞の心は弾みまくっていました。
エッチな話が盛り上がれば、今度は一緒にオナニーをするなんて展開に。
相手も長い間セックスしていなくて、不満は溜め込んでしまっていたようです。
テレビ電話でオチンチンを見せて欲しいなんて、お願いしてきちゃうんですからね。
見せてあげたら相手は、メチャクチャ興奮して激しく喘ぎ声を出してくれました。
自分も、裸が見たいなんてお願いしたら、素直にオマンコ見せてくれちゃって、最高!
しばらく、この関係は続きそうだから、それまでにない興奮を味わいながらオナニーを楽しめそうです。
もしかしたら、セフレにもなれるような、そんな予感を感じてしまっています。
センズリ鑑賞
センズリ鑑賞

女性のオナニー

隣に住む夫婦は旦那さんがあまり奥さんに接しないのか、奥さんはいつも寂しい日々を送っていると思いました。その理由は、旦那さんはいつも朝早く出勤して、夜遅くに帰ってくる。そしてもう一つの最大の理由が奥さんは女性のオナニーをしている事です。アパートに住むけれど古いアパートのせいか声が壁に耳を澄ませば隣の人の声も聞こえてしまう事があります。その時、一瞬聞こえた女性の喘ぎ声。隣の奥さんだと思い耳を澄ませるとやはり喘ぎ声。旦那さんは会社だから1人でやっているんだと思いました。女性のオナニーには前から気になっていたけれど、こんな近くで声だけでも聞こえるとは思いもしませんでした。俺はその声を聞きながら俺もオナニーをして楽しんでいます。
テレフォンセックスをする為のオナ友募集がセフレ募集にもなる
それからしばらくして、最近奥さんの声が聞こえなくなりました。旦那さんも見かける回数が減りました。そして、隣から大きな物音が聞こえなんだと思い隣の家に思わずインターホンを押しました。すると疲れ切った奥さんが現れました。部屋はチラッと見えたけれど荒れている感じでした。「大丈夫ですか。」「ごめんなさい。うるさかったですよね。」すると、その場で座り込んでしまう奥さん。俺はとっさに体を支え部屋に上がりソファに座らせました。その時、奥さんは色々教えてくれました。旦那さんが浮気をしていた事。別れて欲しいと言われ気が動転して部屋を滅茶苦茶にしたこと。俺はそんな奥さんにそっと抱きしめ背中を撫でました。それに安心したのか奥さんも俺の背中を握りしめました。そんな奥さんが辛い時なのに俺はオナニーしている奥さんを思い出していました。

ライブオナニー
ツーショットチャット

相互オナニー

それは爽やかな相互オナニーだった。実際に挿入したのは数回だが、この目の前でおっぴろげられているまんこを想像しながら何百回オナニーしただろう。それ故に初めて貫通した時の興奮と感動は今でも僕の租チンに記憶とともに刻み込まれている。
彼女は僕のあこがれだった。古い言葉で言えばマドンナだ。高嶺の花の彼女を射止めたのは運だった。当時、彼女が付き合っていた男に捨てられてボロボロだったところにずっと寄り添っていた僕がそっと忍び込んだのだ。彼女は自棄になっていたのだろう。いとも簡単に僕を受け入れてくれた。
毎晩のようにおかずにしていた彼女のまんこを僕は初めて味わったのである。美女と野獣のビーストの夢がついに叶った瞬間だった。想像より塩味が強く、ちょっとうんこ臭かったが、それもまた想像では味わえないリアルだった。
相互オナニーを重ねた女子をオフパコに誘い出してセフレにする方法
ただし、あくまでも夢は夢だ。それは彼女の気まぐれだった。夢はいつか覚めるものである。捨てられた傷が癒えた彼女は、僕と結ばれたことなど意にも介さないように合コンと逆ナンを繰り返して、やがて新しいセックスパートナーを見つけた。新しいカレシについて目を輝かせて語る彼女を前にすると、僕のことなど眼中にないことは明らかだった。
新しい出会いを見つけた彼女をいつまでも引きずるわけにはいかない。僕は自分の気持ちを区切るために、彼女に相互オナニーをお願いしたのだ。最後に彼女の臭いまんこを網膜に焼き付けておきたかったのである。そして、それはまた、僕がオナニー一筋の生活に戻ることを意味していた。彼女とはパートナーにはなれない。それならば、せめておかずにするための記憶が欲しかった。
僕の申し出に彼女は戸惑った様子を見せたが、結果的には了承してくれた。それは僕に対して気がないのに抱かせてやったと言う負い目もあったのだろう。こうして、僕は彼女と最初で最後の相互オナニーをしている。これが終わると、彼女は新しいカレシのもとに旅立ち僕の元にはもう戻ってこない。別れの相互オナニーだ。
このヤリマン腐れビッチとはこれまでだ。
裏垢女子
裏垢女子