27歳既婚男性公務員の愛人の話

私は学生時代から自分が結婚した暁には愛人の女性を持ちたいと考えていました。
愛人の女性をマンションに住まわせ、そして自分が仕事帰りに愛人の女性のマンションに行き宿泊をしてその翌朝に仕事に向かうといった種類のライフスタイルに憧れを持っていたのです。
そして私は現在、31歳の独身女性と愛人契約を結び、定期的に彼女の住むマンションを訪れて肉体関係を彼女と結んでいます。
愛人である31歳の独身女性の彼女は私が以前から利用しているインターネットの出会い系サイトをきっかけにして知り合った女性で、私がインターネットの出会い系サイトに「割り切ったお付き合いが出来る女性を希望します」という内容の書き込みを行った所、31歳の独身女性である彼女から愛人契約を結びたいという内容の返信が私の携帯に来てそれで実際に逢う事になったのです。

当初私は一回限りの肉体関係を結ぶ為にインターネットの出会い系サイトに書き込みを行ったのですが、彼女は私の書き込みをインターネットの出会い系サイトでは良く見かけるいわゆる「愛人募集」の書き込みだと思ったらしく、愛人募集の書き込みをしている私に返信を送ったという形になったと後に彼女自身の口から私に話してくれたのでした。
私は彼女の自宅マンションに定期的に訪れて肉体関係を結ぶ他に時折彼女と食事を外食デートなどで楽しむ事も現在しています。
彼女は年齢は31歳ながらとてもアラサー女性には見えない美しく若い容姿を兼ね備えている美女で、私は自分の愛人女性が彼女の様な美人女性である事に日々幸せを感じています。
私は現在子供が居らず妻と二人でマンション暮らしをしていますが、妻とはもう5年以上もセックスレスで妻自身もセックスに対して抵抗感を持っている女性なのでこの先も子作り以外のセックスは望めそうになく、私は妻とのセックスを諦めて現在愛人契約を結んでいる31歳の女性との彼女の自宅マンションでの定期的なセックスで日常の性欲を満たしているのです。

31歳既婚男性会社員の愛人の話

僕の愛人は中国人だ。
中国には仕事の関係で月一回の頻度で出張へ行く。
現地のスナックのような所で知り合ったのが彼女だ。
現地駐在員からも、 「中国人は日本人の愛人になりたがるんですよ。
やっぱりお金持ってるって思われているんでしょうね」 と言われていた。
僕も機会があれば愛人を作りたいと思っていたので、中国でそのチャンスが巡ってきたと言えるだろう。
彼女はとてもきれいで、もう既に誰かの愛人になっているのではないかと思っていた。
ところが、まだ誰のモノにもなっていなかったのだ。
僕は日本にはちゃんと家庭があるので、家庭も大切にしたい。
けれども愛人をもつというステージにもチャレンジしてみたい。
その狭間で揺れていた。
けれども、中国であればスマホやパソコンに履歴を残さなければ基本的にバレることはない。
最悪、現地での接待交際だと言ってしまえばいい。
瞬時にここまで計算して、僕は彼女を口説くことにした。
口説くにも、日本人のホステスを口説くよりもわかりやすいし、口説きやすくていい。
僕は正直中国語は片言しかわからないが、そんな語学力でも十分だった。
スナックにも5回ほど通えばもう馴染み客。
その間もひたすら彼女だけを指名し口説いた。
その甲斐あってか、彼女は僕の愛人になってくれた。
毎月のお手当も日本に比べればごく少額で済む。
距離があるので「会いたい」とかうざいことを言われなくても済む。
海外にいる現地の愛人は何て楽なんだろうか。
海外へ良く行くなら絶対にオススメです。

出会いを満喫しよう