カテゴリー別アーカイブ: 性

出会い系でセフレ募集

出会い系でセフレ募集していた時のことだ。僕は当時、自称映画監督だった。映像関係の仕事に携わりつつ、いつかメジャーデビューしたいと自主映画を撮り続けていた。まあ、結論から言えば、今は日雇いの仕事で何とか食いつないでいる立場なので、結局のところ才能がなかったのだろう。残念なことは、自分に才能がないことに気づくまでに40年以上の歳月を使ってしまったことだ。
話を戻して、僕の人生にセフレは必須だった。加えて言えば、麗しき女体を被写体としてぜひカメラに収めたいと言う映画監督の血が常に騒いでいたのである。僕はどこかAVを見下していた節がある。逆に女性のきれいな体をあんなに醜く映し出すAV監督たちの技量に嫌悪さえしていた。僕ならばもっと美しく女性のまんこを撮れる・・・いや、撮りたいと思って、出会い系でセフレ募集したのだ。とにかく、撮らせてくれる女性を欲したのである。
そんな時にある女性が僕の申し出を受け入れてくれた。条件は流出させないこと、あくまでもプライベートビデオとして、まだ若々しい自分の体を映像に残しておきたいとのことだった。それは願ってもないことだ。僕もAVのように女体を商売にする気はない。これは芸術家としての本能だ。
筆おろし
こうして、僕はカメラを据えて彼女とセックスをした。女体美を撮影するには男との絡みは必須である。アクメにこそ女性の美しさはあるのだから。
出来は良かったと思う。そんじょそこらのAVよりも美しく艶めかしい映像がそこにあった。そこで僕はその仕上がりに対して欲が出たのである。この映像を評価されたいと言う欲だ。
魔が差した僕は、彼女との約束を破って映像を動画サイトに売った。サイトからは幾ばくかの金をもらったが、それがいけなかった。流出に気づいた彼女に訴えられたのである。その結果、僕は多額の慰謝料を取られて生活が破綻した。女性を撮って金を取られたのである。こうして、仕事もクビになって僕の映画監督の夢は潰えたのである。
ただし、彼女との映像は我ながら傑作だと今でも思っている。人生と引き換えにするほどの価値があったかは追々わかってくることだろう。
とりあえず、明日は汁男優のアルバイトに行ってきます。
セフレ掲示板
セフレ掲示板

お金くれる人

お金くれる人と付き合ってたことある。
あれってほんと、感覚狂うよね。
三万とか五万とか、ぽんとお金くれる人だったから、なんか金銭感覚ずれてきちゃってさ。
一万円程度だったら、紙くず的な・・・今でいう千円札程度の価値にまで落ちてたかも。
お金なんて、またもらえばいいやって洗脳されてしまっていたんだよね~。
一回、そういうお金くれる人と付き合っちゃうと、その後の後遺症で、一般レベルの金銭感覚に戻るのにリハビリが必要だったもん。
一回、お金くれる人と付き合って、お金に余裕がある人間とみなされると、なかなかその付き合いから抜け出せなくなるのね。
私も、そのお金くれる人と別れてからは、しばらく別れたってことを人に言えなかったもん。
パトロン
それに、その彼がお金くれる人だったから、今までお金余裕があったなんて人に知られたくなかった。
いいところのお嬢様みたいなフリしてた私も悪いんだけどさ。
その人と別れて、実感したのは、お金ってそう簡単にはもらえないんだって当たり前の事実だったよね。
まぁ、その後、その事実に驚愕して、婚活に焦ってしまい、苦労する羽目になったんだけど。
だって、今のご時世年収一千万でも、大した生活できないでしょ?
二千万、三千万くらいは最低限ないと、裕福には暮らせない。
そのお金くれる人と付き合ってた時は、彼、年収五千万くらいあったんだと思う。
今思うと、別れたのは失敗だったよね。
焦って結婚して、旦那がそこそこの年収しか稼げない人だったから・・・
今は割としょっぱい生活してます(笑)
愛人契約
支援してくれる人

アプリで知り合ったセフレ

「ねぇ、由美。今度私の彼氏と由美の彼氏と一緒にダブルデートしない?」「いいよ。彼氏に聞いてみるね。」「楽しみ。」

これがきっかけでした。そして互いの彼氏と一緒と遊ぶ日、私は友達の彼氏を見て驚きました。その彼氏がアプリで知り合ったセフレだったからです。「由美、彼氏の亮くん。」「初めまして。」「初めまして、由美です。彼氏の明です。」「よろしく。」平然と装った私達だけどもう心臓がばくばくでした。そして4人で遊園地に行きました。「私、あの絶叫マシン乗りたい。」「俺も乗りたい。」私と亮くんは絶叫系が好きで、友達も彼氏も絶叫系が苦手なので2人は待つことにしました。もちろんこれは作戦。私は並んでるふりをして亮くんと2人で話すきっかけを作りました。「まさか、アプリで知り合ったセフレが友達の彼氏とは思っていなかったよ。」
セフレアプリで複数の男性をセフレにしてセックスをしまくってます
「俺もだよ。アプリで知り合ったセフレが彼女の友達と思わなかったよ。しかもこの遊園地俺たち2人で行ったことないか?」「あるよ。でも、そのおかげで話せチャンスが作れたじゃん。」「まぁね。」私達は初めてあった同士のフリでこのピンチを乗り切る作戦に出ました。しかし、このピンチを楽しんでいるのか亮くんは絶叫系に乗っている最中に私の足を触ってきたりします。「やめて。」彼は触るのをやめてくれました。

絶叫系が終わって食事する時もテーブルの下から触ろうとしたりしてきます。私は彼の足を踏んだりして乗り切っているけれどもうあそこはヤバイ状態になっていました。まだデートを始めて1時間、この後どうなるか不安です。
出会い系サイト
出会い系サイト