27歳既婚男性公務員の愛人の話

私は学生時代から自分が結婚した暁には愛人の女性を持ちたいと考えていました。
愛人の女性をマンションに住まわせ、そして自分が仕事帰りに愛人の女性のマンションに行き宿泊をしてその翌朝に仕事に向かうといった種類のライフスタイルに憧れを持っていたのです。
そして私は現在、31歳の独身女性と愛人契約を結び、定期的に彼女の住むマンションを訪れて肉体関係を彼女と結んでいます。
愛人である31歳の独身女性の彼女は私が以前から利用しているインターネットの出会い系サイトをきっかけにして知り合った女性で、私がインターネットの出会い系サイトに「割り切ったお付き合いが出来る女性を希望します」という内容の書き込みを行った所、31歳の独身女性である彼女から愛人契約を結びたいという内容の返信が私の携帯に来てそれで実際に逢う事になったのです。

当初私は一回限りの肉体関係を結ぶ為にインターネットの出会い系サイトに書き込みを行ったのですが、彼女は私の書き込みをインターネットの出会い系サイトでは良く見かけるいわゆる「愛人募集」の書き込みだと思ったらしく、愛人募集の書き込みをしている私に返信を送ったという形になったと後に彼女自身の口から私に話してくれたのでした。
私は彼女の自宅マンションに定期的に訪れて肉体関係を結ぶ他に時折彼女と食事を外食デートなどで楽しむ事も現在しています。
彼女は年齢は31歳ながらとてもアラサー女性には見えない美しく若い容姿を兼ね備えている美女で、私は自分の愛人女性が彼女の様な美人女性である事に日々幸せを感じています。
私は現在子供が居らず妻と二人でマンション暮らしをしていますが、妻とはもう5年以上もセックスレスで妻自身もセックスに対して抵抗感を持っている女性なのでこの先も子作り以外のセックスは望めそうになく、私は妻とのセックスを諦めて現在愛人契約を結んでいる31歳の女性との彼女の自宅マンションでの定期的なセックスで日常の性欲を満たしているのです。