お金くれる人

お金くれる人と付き合ってたことある。
あれってほんと、感覚狂うよね。
三万とか五万とか、ぽんとお金くれる人だったから、なんか金銭感覚ずれてきちゃってさ。
一万円程度だったら、紙くず的な・・・今でいう千円札程度の価値にまで落ちてたかも。
お金なんて、またもらえばいいやって洗脳されてしまっていたんだよね~。
一回、そういうお金くれる人と付き合っちゃうと、その後の後遺症で、一般レベルの金銭感覚に戻るのにリハビリが必要だったもん。
一回、お金くれる人と付き合って、お金に余裕がある人間とみなされると、なかなかその付き合いから抜け出せなくなるのね。
私も、そのお金くれる人と別れてからは、しばらく別れたってことを人に言えなかったもん。
パトロン
それに、その彼がお金くれる人だったから、今までお金余裕があったなんて人に知られたくなかった。
いいところのお嬢様みたいなフリしてた私も悪いんだけどさ。
その人と別れて、実感したのは、お金ってそう簡単にはもらえないんだって当たり前の事実だったよね。
まぁ、その後、その事実に驚愕して、婚活に焦ってしまい、苦労する羽目になったんだけど。
だって、今のご時世年収一千万でも、大した生活できないでしょ?
二千万、三千万くらいは最低限ないと、裕福には暮らせない。
そのお金くれる人と付き合ってた時は、彼、年収五千万くらいあったんだと思う。
今思うと、別れたのは失敗だったよね。
焦って結婚して、旦那がそこそこの年収しか稼げない人だったから・・・
今は割としょっぱい生活してます(笑)
愛人契約
支援してくれる人