アプリで知り合ったセフレ

「ねぇ、由美。今度私の彼氏と由美の彼氏と一緒にダブルデートしない?」「いいよ。彼氏に聞いてみるね。」「楽しみ。」

これがきっかけでした。そして互いの彼氏と一緒と遊ぶ日、私は友達の彼氏を見て驚きました。その彼氏がアプリで知り合ったセフレだったからです。「由美、彼氏の亮くん。」「初めまして。」「初めまして、由美です。彼氏の明です。」「よろしく。」平然と装った私達だけどもう心臓がばくばくでした。そして4人で遊園地に行きました。「私、あの絶叫マシン乗りたい。」「俺も乗りたい。」私と亮くんは絶叫系が好きで、友達も彼氏も絶叫系が苦手なので2人は待つことにしました。もちろんこれは作戦。私は並んでるふりをして亮くんと2人で話すきっかけを作りました。「まさか、アプリで知り合ったセフレが友達の彼氏とは思っていなかったよ。」
セフレアプリで複数の男性をセフレにしてセックスをしまくってます
「俺もだよ。アプリで知り合ったセフレが彼女の友達と思わなかったよ。しかもこの遊園地俺たち2人で行ったことないか?」「あるよ。でも、そのおかげで話せチャンスが作れたじゃん。」「まぁね。」私達は初めてあった同士のフリでこのピンチを乗り切る作戦に出ました。しかし、このピンチを楽しんでいるのか亮くんは絶叫系に乗っている最中に私の足を触ってきたりします。「やめて。」彼は触るのをやめてくれました。

絶叫系が終わって食事する時もテーブルの下から触ろうとしたりしてきます。私は彼の足を踏んだりして乗り切っているけれどもうあそこはヤバイ状態になっていました。まだデートを始めて1時間、この後どうなるか不安です。
出会い系サイト
出会い系サイト